あみだくじ

大学1年生 読書、お笑い、ラジオ、音楽、考えたこと

『ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?』感想/本当の戦争のお話


「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵がかたる『ほんとうの戦争』」という本を読みました


平たく言ってしまえば戦争体験の本ですが、人を殺めてしまった兵士から語られます


貴重な本です


著者アラン・ネルソンとは

1947年、ニューヨーク・ブルックリン生まれのアフリカ系アメリカ人海兵隊員としてベトナム戦争の前線として戦う。帰国後の戦争による精神的後遺症から立ち直った後、日米両国で精力的に公演活動を行い、戦争の現実を訴え続ける。2009年3月逝去。



ネルソン氏はベトナム戦争海兵隊として人を殺す、仲間が殺されるなど凄惨な経験をします。それから戦争が終わると、罪悪感や精神的後遺症(PTSD)に苛まれホームレス生活を余儀なくされます。しかし、小学校で戦争体験の講演を行ったことを契機に戦争の真実を伝えるという使命にかられ、講演活動をしていました。


日本国憲法第9条を知って以来、「世界中の国々がこの第9条を共有すべき」「第9条こそが戦争をなくす唯一の道だと思うのです」という風に語っています


本の概要

多くの人を殺した元海軍兵が語る戦争の現実。軍隊の訓練とはどんなものか? 殺した敵の死体はどうするのか? 戦争のにおいや音は? ベトナム戦争の体験をもとに、「ほんとうの戦争」とは何かを伝える一冊

貧困と人種差別から解放されるために18さんでは言った海兵隊。そこでの訓練やで、人殺すことのためらいや、罪の意識が薄れていく。やがて戦地に赴くことになり、降り立ったのは、ベトナム。「本当の戦争は無慈悲で残虐で愚かで、そして無意味です」著者の口から静かに語られる、殺し合うことの悲惨さ、命の尊さが心を揺さぶる。


この本の題名である「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」という言葉は実際にネルソン氏が少女に聞かれたものです。

中学の頃の同級生に頼まれて、小学校で講演をした時のこと。大雑把な数やピントのぼやけたイメージを駆使し、小さな子供には言えないような自分のしたことについては語らなかったそう。

一通り話し終わり、質問を募っていたら最後に少女がした質問が、本の題名です



感想

戦争の凄惨さ



戦争体験の話を伺ったことは今まで2度ありました。小学校のころ道徳だったか総合の時間におばあちゃんが三人くらい来て講演をしてくれたのが1度目。電車で席を譲ったら、嬉しそうに話しかけてくれたおじさんがしゃべってくれたのが2度目。

どっちも話をしてくれたということ自体は覚えているんだけれど、どっちも内容を全く覚えていません。多分、そこまで印象に残らなかったのは小さな僕に気を使って、なるべく僕に負担がかからないように話してくれたからだと思います

席を譲ったら心の底から感謝してくれて、みたらし団子を買ってくれたあのおじさんも、もしかしたら人を殺めていたのかもしれません



この『ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?』の著者であるアラン・ネルソン氏は本の中で、ハッキリと殺人の経験があることを告白しています。それも本の中で何度も殺した描写が出てきます。


兵士の視点から語られる戦争の話を聞く、読むのは初めてでした。説得力が違います

本の終盤でネルソン氏は戦争のことを「本当の戦争は無慈悲で残虐で愚かで、そして無意味です」と語ります。

加えて

前線で実際に戦ったもので戦争の賛美するものは一人もいません。もし、戦争を経験していてもなお、戦争を肯定するものがいたとしたら、その人は後方の基地でデスクに向かっていたか、炊事班でコックをしていたかで、人が殺し合う前線に行ったことがない人に違いありません

と語ります。

結局、戦争を繰り返そうとするのは前線に立たない者。みんな戦争がいかに愚かであるか理解しないといけないんですね


戦争はやがて終わる


この本は元兵士によって語られる体験談ですが、兵士が戦争を終えた後のことについてはあまり語られてこなかったのではないでしょうか。

兵士として訓練し戦争を経ると、人間が死ぬことに何も思わなくなってしまうそう。慣れというのは怖いもので死体を確認しても臭いとしか感じないようです。

戦場で感情など持ち込んでしまえばすぐに殺されてしまいます。生き残るためには、敵を殺すためには無感情のほうが合理的なのです。

ですがいつか戦争は終わります。終わりに近づくにつれて、自分の感覚に疑問を持ってしまうのです。今まで人を殺しても無感情だったのに、戦争が終わって気づくのです、自分はなんてことをしたのかと。

家族のもとへ帰っても毎晩のように悪夢にうなされたそうです。燃え上がるベトナムの村、断末魔の叫び、子供たちの恐怖に満ちた顔。悪夢のせいで家族もネルソン氏を恐れます。

そして家を出てホームレスとなるわけですが、その生活をこのように語ります

ホームレスの生活は、ある意味で幸福でした。自分の悪夢のせいで家族が苦しんでいるという罪の意識から解放されたからです

ホームレス生活が幸福に感じてしまうほど、戦争を変えた後の生活は苦しかったのです。これはネルソン氏だけではなく、他の兵士も悪夢と戦っていました。



戦争が兵士の視点から語られた貴重なこの本。ぜひ読んでみてはどうでしょうか


それでは!

オードリーann 8/26のゲスト松本明子とは?


2017年8月26日のオードリーのオールナイトニッポンのゲストが松本明子さんとの発表がありました



8月19日の放送では………

  • 春日さんの友達
  • 何か動きがあったらメールをくれる
  • ヒルナンデスのロケで春日さんとキス
  • 放送禁止用語をラジオで口走った

などなどっ松本明子さんについて2人の口から語られました


しくじり先生として出演したり、ドケチ隊としてオードリーと共演している松本明子さん

そんな彼女の情報をスペシャルウィークをより楽しむため、まとめてみました




ゲストは松本明子さん!

『♂×♀×Kiss』でアイドル歌手としてデビューしたあと、とある事件により芸能界を干され、電波少年アラファト議長の前でてんとう虫のサンバを歌い、久保田利伸さんのファンクラブ事務所で勝手に電話番をし、最近はヒルナンデスでオードリーとドケチ隊として共演している松本明子さん!

そんな「NGが無い」と噂の松本明子さんとの生放送!
ぜひお聴きください!
(オードリーannのHPより)

松本明子さんの来歴

1966年生まれ。

1982年に上京し、翌年にオーディション番組『スター誕生!』で合格しました。1983年、VAPから「♂×♀×Kiss(オス・メス・キス)」でアイドルとして歌手デビュー。




1984年に『笑福亭鶴光オールナイトニッポン』で女性器の名称を叫んでしまいます
これは「四文字言葉事件」と呼ばれることになります


これが問題となり干されてしまいます

ですが2年ほどして中山秀征にバラエティ班移動を勧められバラエティ出演が増加し、現在まで活躍しています


ケチ


ドケチ隊でのケチぶりは春日さんをしのぐのではないかというほどです。節約家になったのは祖母や母の影響だそう


ドケチエピソードを集めてみました

  • コンタクトは片目しかはめない
  • 30年間同じ下着を着けている
  • 破れたブラジャーを着用しロケに来る
  • 13㎝の水位の風呂に入る
  • 家族で服を着まわす
  • ゴーヤを自家栽培している   などなど、、、


ちなみにですが………

若林:なんでですか?って言ったら「ちょっと大変な事になってるんですよ」って。階段の踊り場に連れて行かれて、カメラ見えないところに。
「このブラジャー見てくださいよ」って。ビリビリにブラジャーが破れてるんですよ。 もうほぼ乳(笑)ワイヤーと生地のところがボロボロに・・・ちょっと松本さん!これブラジャーとしての意味をなしてないじゃないですかって。

春日:うん。

若林:「ちょっとお金が・・・節約で・・・」みたいな。

8月16日のラジオで語られていたビリビリに破られたブラジャーの件ですが、他のインタビュー記事でこのように語っていました

「それを見かねて、周りの方がいろいろプレゼントしてくれるのでありがたいです。長年愛用しているブラジャーが破れてしまったときも、お気に入りだからと使い続けていたんです。そしたらマネージャーがさすがにそれは……、と新しいものを買ってくれました」

あまりのケチっぷりにマネージャーが耐えかねたようですね

四文字事件(放送事故)について


オードリーannのHPでも『とある事件によって芸能界を干され』と記載されていますが、その事件が「四文字事件」です

以下wikiを一部抜粋しました

片岡鶴太郎笑福亭鶴光に「付き合っている男の名前をバラされたくなかったら、カメラに向かって『おま○こ』と言ってこい」「一躍有名になれるぞ」とそそのかされたためだったそうで、香川県出身の彼女は当時、その言葉の意味を理解していなかったと語っている。
当時、交際していた男性タレントがバイセクシャルとして有名な人物だったことが発端としている。それを面白がった鶴光と鶴太郎から「ゲイと付き合っていると公表されたくないだろう」と言われた。
この騒動の結果、松本はフジテレビからしばらく出入禁止処分を受けた。他局での仕事も激減、ほぼゼロという状態が約2年間ほど続き「公園のトイレで寝泊まりしていた時期がある」と松本本人が証言している。
片岡鶴太郎笑福亭鶴光はこの一件で関東のテレビ局や番組制作会社から“下ネタ系要注意タレント”とレッテルを貼られ、世間からは“松本明子をお笑い界へ追いやった芸能人”と揶揄される。

香川出身の彼女は標準語での女性器の名称を知らなかったそうです。わけがわからないけれど、交際相手のことがばれたくなかったため発言してしまいアウト、というわけですね。


オードリーannでも明子さんが放送禁止用語を発してしまうんじゃないかと冗談交じりに語られています

若林:オールナイトニッポンで土曜でほら、鶴光師匠が伝説のオールナイトニッポンですね。鶴光師匠と言えば。当時、新人の(松本)明子がアシスタントを務めてた時があって、その時に口走ったのが例の4文字だからね

春日:あー、この時間帯って事は、まさのここの。そうだったんだ。

若林:だから、凱旋ですよ。凱旋。ここ。言うかもしれないスペシャルウィークで。そしたらもう終わりですよ。

春日:そしたらね。うーん。我々も危ないしね。明子さんも2回めの干される時期に自ら突入していくって事?

若林:『ヒルナンデス!』アレだもんね。俺も「松本さん、また干されますよ」って言うのそのままオンエアしてるもんね。もう明子大爆笑してるもんね。

春日:明子はさ…明子って私が言うのも何だけど、止めないからね。「そうなんですよ」みたいなさ。ツッコまないから。「干されますよ」とか言ったら「危ない!」って言っちゃって(笑)

若林:だから本当、くれぐれもって事はあるよね。その伝説の時間帯に帰ってくるわけだから。

春日:いやぁ、そうだね。もしかしたら仕掛けてくる…

若林:今は大丈夫じゃない?あの4文字言ってもね。多分。

春日:あの4文字は無理よ。
若林:無理なの?
春日:それはもう変わってないでしょうよ。


菊地亜美さんばりにバラエティ向きの松本明子さん。どんなスペシャルウィークになるのか楽しみで仕方がありません。


それでは!


feelsogood.hatenablog.com
feelsogood.hatenablog.com
feelsogood.hatenablog.com

【書評】『僕が旅出る理由』を読んだ感想/今読んで良かった【本】


『僕が旅に出る理由』という本を読んだので感想を書き記します

「退屈なのは、世界か、自分。」という帯の売り文句に惹かれました

世界を旅した100人のが学生が作った本です。学生という立場で出版された本。読まずにはいられませんでした


僕が旅に出る理由

僕が旅に出る理由

『僕が旅に出る理由』の概要

書いた人

「僕が旅に出る理由」は大学生100人によって作られた本です。

いろは出版の中に日本ドリームプロジェクトというものがあり、大学生2人が「世界を旅に出た100人の大学生を集めました!本にしたいんです!大学生にもっと世界に出てほしいんです」と声をかけました

この言葉がきっかけになり本が出来たそう。


もくじ

  1. 15/100人の新しい自分への旅
  2. 百聞は一見にしかずPhoto
  3. もくじ旅する大学生100人とつくった「旅のしおり」
  4. 旅する大学生100人のみやげ話
  5. おわりにのはじまりに

①では15人のエッセイが載っています。それぞれ旅に出た経緯、旅の様子と気づきが書いてあります。この本の多くを占める章です

②③④⑤はちょっとしたおまけコーナーのようなものです。③にには旅の持ち物、お金コトバなどが掲載されており、なかなか有益です

⑥はあとがきですね





感想

僕も近いうちに旅に出ようと思っています。そこで旅のハウツーやら体験記やらをamazonnで漁っていたことろにこの本をみつけました。

「退屈なのは、世界か、自分か」
「満足しないままの自分でいるより、いい方向か悪い方向になのか分からなくても、変われたほうがきっと、マシだ」
このキャッチコピーを見て惹かれました。



この本には、バックパッカーからピースボード、女三人旅までいろんな方法で海外へ旅立った人のエッセイがのっています。

それぞれ旅に出る理由が明確なことに驚きました。僕なんてなんの理由もなく、なんとなく旅にでます。彼らは旅を通して何かしらの気づきを得ますが理由がはっきりしているからこそ、得るものがあったのでしょう

ひれくれた人は、彼らの気づきなど鼻で笑うかもしれません。「貧しいのに優しかった」「日本での当たり前は当たり前じゃなかった」などどこかで聞いたことのあるベタな気づき。

さらに自分を棚に上げて言えば、プロが書くエッセイより文章の臭さや素人感がにじみ出ています。


が、だからこそ、その分リアルでした。


読み終わって、大したことない本だったなと思ったのも事実です。でも、それ以上にこの本を書いた僕と同じ年ぐらいのリアルがぎっしり詰まっていて、本の背表紙を眺めながら不思議な感情が湧いてきました

エッセイを書いた15人それぞれの人生があって何かを変えようとして足掻いた証拠が、確かに残っています

もし僕が旅に出たら、こんな風にエッセイをかけるんだろうか。そんなことを思うようになりました。

今このタイミングで読めてよかった

僕は9月に東南アジアに行ってきます


それでは!


大原扁理「年収90万円で東京ハッピーライフ」を読んだ感想・書評。正直がっかりした




働くのってやだなー。老人になるまで働かされるくらいっだったら少ない金でいいからテキトーに稼いでタラタラ好きなことしてのんびり暮らしてーわ

僕がそう強く思っていた頃に出会った本です。

「年収90万円で東京ハッピーライフ」そうそう、こういうのこういうの、と思って期待しながら読みました。

が、読み終わって俺には無理じゃねと悟りがっかりした本です。

読んで落胆するという奇特な読書体験でした

大原扁理さんって?

1985年愛知県生まれ、東京都在住。高校卒業後、3年間引きこもり、海外一人旅を経て、現在隠居6年目。著書に『20代で隠居 週休5日の快適生活』。最近,木食行(木の実だけ食べて暮らす修行)に憧れてます。

隠居してるくらいですから、かなり変わった人です。

幼いころから空気を読めず、周囲と話を合わせられず、社会や集団行動が辛くて辛くて、何で他のみんなは辛くないんだろう・・・と悩み、何となく特異な目にさらされながら、何とか高校卒業までこぎつけました

「はじめに」に書いてあった自己紹介の部分を引用しました。こういう人って少なからずいると思います。


ですが大原さんの変な部分はここから。高校卒業後、生活費を稼ぐアルバイトを除く時間はすべて趣味につぎ込む引きこもり生活を3年続けていた大原さん。人としゃべらな過ぎて口から言葉が出なくなったそうな。

危機感を感じたそうで、引きこもりにとって大きな決断をします

アルバイトのマニュアル以外の言葉が出てこない。どうやって答えていいのかわからん。やばい。どうしよう。
ということが続き、出も引きこもり楽しすぎるなー、よし、ここはちょっとひとりで世界一周してこよう!となったわけです。


こんなに吹っ切れた人です。考え方や意思決定の仕方がそこらへんの人とはかけ離れています

また、大原さんが中学のころの話。学校のジャージが気に入りすぎて外出時でも着用していたそうで・・・

体育の時間だけでなく、登下校中も授業中も、家で寝るときでもずーっとジャージを着て生活し、わたしのジャージ愛はとどまることを知りませんでした。

ところが、太りだけ黒い羊のような私を、先生方を放っておきません。好きで来ているだけで、別に先生方を怒らせるつもりもなかったのですが、いざ怒られるとますます制服を着る気がしなくなります。

放っておいたら制服着たくなったかもしれないのに。でもジャージ、楽だよなー。なんつって毎日来ていたら、なんと、だんだん諦められてい行ったのです・。

あんなに毎日注意されていたのに、「今日は何にも言われないなー」という日がちょっとずつ増えてきて、まずは担任から諦められ、やがてあきらめの輪は学年全体に広まっていき・・・最終的には誰からも何も言われなくなりました

「年収90万円で東京ハッピーライフ」はそんな人が書いた本です

年収90万円で東京ハッピーライフの内容

ーーもくじーー

  • はじめに
  • 第一章ハッピーライフの基本とは
  • 第二章 フツ―って何?
  • 第三章 衣食住を実感するくらし
  • 第四章 毎日のハッピー思考法
  • おわりに

「はじめに」で著者はこの本がどういうものか的確に書かれている部分があるので引用します

これは、社会的成功から乗り遅れまくったら、不幸になるどころか毎日が楽しすぎて、ジョーシキっていったい何だったんだろう、進学しなきゃいけないとか、就職しなきゃいけないとか結婚とか子育てとか老後の蓄えとか、資格も技能もマナーもテレビもスマホも友達も、なくても生きていけるものばっかじゃん。もー自分しか信じないもんね。何が幸せとか自分で決めちゃうもんね。おならプ―だ。という本です。

一章では、著者の具体的な一日の生活と考え方が書いてあります。

二章では一章で少し触れた著者の考え方が掘り下げて書いてあります。社会の常識や同調圧力を疑う内容です。この二章が一番ボリューミーで読みごたえがありました

三章ではタイトル通り著者の衣食住について書いてあります。質素なご飯や独特な服選び、隠居をしている部屋や環境について詳しく書かれています。

四章では、世間の価値観を比較しながら、いかに幸せに生きるかの考え方が書いてあります。


感想

社会とか世間体とか

この本では一貫して社会の常識や世間体を疑っています。僕自身も社会とか世間体やらに振り回されたくないと強く思っているので、著者の考え方と重なったり、自分が考えていたことの先のことが書いてあったので面白かったです


就職や進学はか習う必要じゃない、社会のルールは意味わかんない、夢とか目標とか理由とかなくてもいい、とハッキリ断言してくれて痛快でした

なるだけ頭いい大学は入って、そしたらなるだけ評価されてる会社入って、大金稼いで、名一杯に消費して、、、、という人生だけが幸せだなんて思いたくないので、その反例を提示してくれたのが心強くて安心しました


人と人の関係性の中で生きていかなければならないんだ、と強く思ったこともありましたがこの本を読んで案外そうでも無いという事実にハッとさせられました。


著者も本の中で言っていましたが、マジで自分の幸せを他人に決めさせちゃいけないです。そのために自分にとってな何が快適で何が楽しくて何が幸せで、ということを突き詰める必要があると感じました。これまでもいろんな人が言われましたが、そこまで真剣に向き合ってこなかったのが正直なところ。試行錯誤が必要です


自分には無理


著者は世間体をまったく気にしません。タテマエじゃなくて本当に

本やブログで「周りの目を気にするな!」と豪語している人なんて結局、社会に認められることで自分の価値を確認したり認められて一喜一憂しているのが大抵です。それじゃあポジショントークにすぎませんよね

ですが著者のように、ここまで世間体を振り切れるかというと僕にはできません。みんなもそうだと思います


著者みたいにいじめられたこともないし、不器用だけど今まで上手いことやってこれたし、意味なさそうだけどみんなが入ったから大学入ったし、嫌われたくないし。ある程度社会の中で生きて行けてしまう。だから本気で振り切ろうとしません

「年収90万円で東京ハッピーライフ」というタイトルを見た時、「これだよ!」と思いました。


就職してガッツリ稼いで家買ってみたいな普通を押し付けてくる社会なんてシカトしてこの本のタイトルみたいに幸せに暮らしてやるんだ!!!とワクワクしながら買いました。だけど読んでく内に、著者めちゃ変わり者じゃん、俺には無理だわとガッカリ。

結局、僕は世間体を意識しながら生きるんだろうなーと、年収90万円でハッピーライフを諦めました


読み物としては面白かったです


それでは!



年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

「伝え方が9割」の要約・感想。イエスと言わせて有利に生きる




「伝え方が9割」をよみました。かなり有名な本だったので、いつか読もういつか読もうと思っていました。かなり時間がかかってしまいましたが面白い内容でした。

自分へのリマインドの一環としてシェアしたいとおもいます。

佐々木圭一とは?

プロフィール



佐々木圭一さんは博報堂出身のコピーライターです。他にも、作詞家、上智大学非常勤講師という肩書も持っています。

上智大学を卒業後、博報堂に入社し様々な広告賞を受賞しました。現在は博報堂を退社し独立、株式会社ウゴカスを立ち上げました。

もともとコピーライトが苦手だったにもかかわらずコピーライターの部署に配属されてしまいます。ストレスから一年で体重が15%増え、顎がなくなってしまったそう。


しかし、もがき苦しむ中で「伝え方にはシンプルな技術がある」「感動的なコトバは、つくることができる」と佐々木圭一さんは気づきました。その体験と技術をまとめたのがこの本です


彼のライフワークは日本のコミュニケーション能力をアップさせることだそうで、この本出版もその一環でしょう

主なコピー


個人的に素敵だと思ったものをまとめました

  • 東京に、家を持とう。(オープンハウス)
  • 希望を、つみ上げよう。(日立)
  • 言えないから、歌が生まれた。(トイズファクトリー
  • イベントがないとデートじゃないと思ってた。(爽健美茶
  • 「今日友だちがひとり減りました」

「彼女になったから」(キリン一番搾り生ビール)



「伝え方が9割」の内容

内容も軽く、わかりやすいのでスラスラ読めます

「伝え方が9割」の要約

本のおおまかな目次は

  1. 伝え方にも技術があった!
  2. 「ノー」を「イエス」に変える技術
  3. 「強いコトバ」をつくる技術

となっています



伝え方にも技術があった!



1章は著者の体験談や伝える能力の重要性についてです

体験談は、著者がどのようにして技術、しいてはコピーの法則を手に入れたのかが書いてあります。

体験談をチョー適当に要約すると、
「もともとコピーが苦手だってけど、ひたすら読んで書いてたら『心を動かすコトバには、法則がある』ことに気が付いたよ」見たな感じです。ちょっと雑で矮小化しているような気もしますが、まあ大体こんなかんじです

伝えることの重要性については

  • 伝え方やコトバの技術を持っている人は、働いても成果が出せる
  • 伝え方は誰も学んでいないから、学ぶことで突出できる

という内容が主です。


「ノー」を「イエス」に変える技術


2章では「ノー」を「イエス」に変える技術、つまりは交渉術ですね。コトバの力でイエスの確率を上げようということです。

具体的な方法がこれです

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる


つまりそのままお願いするんじゃなくて、相手の立場に立ち工夫してお願いしましょうということですね


1については特に説明はいらないでしょう。思ったことをそのままいうなよってことです。2は3のための準備のようなものです。例えば、相手の好き嫌い、性格、どう思ってるかを推し量ります


3では2をもとに、相手のメリットと自分のお願いをつなぎ合わせる作業をします。

例えば自分がデートをしたいというお願いをするとします。

ここで「僕とデートしてください」という伝え方をしてしまうと1に引っかかりますよね。ここではグッとこらえて2に進みます。

2で相手が「イタリアン」が好きとわかれば、 自分の要望であるデートと相手の好きなイタリアンを組み合わせて、、、

おいしいパスタ屋さんがあるんだけど行かない?」となります

このお願いの仕方の中で一番難しいのは2の手順かもしれません。

そこで、2の「相手の頭の中を想像する」ときの切り口が用意されています

  • 相手の好きなこと

「驚くほどうまいパスタどお?」

  • 嫌いなこと回避

「芝生に入ると、農薬のにおいが付きます」

  • 選択の自由

「驚くほどうまいパスタの店と、石窯フォッカチャの店どちらがいい?」

  • 認められたい欲

「君の企画書が刺さるんだよ」

  • あなた限定

「ほかの人が来なくても、斎藤さんだけには来てほしいんです」

  • チームワーク化

「いっしょに勉強しよう」

  • 感謝

「いつもありがとうございます。領収書おねがいできますか?」

なにかお願いを考えるときは、これら7つの切り口をもとに相手の頭を想像するわけです

これに沿って考えれば比較的簡単に3の「相手のメリットと一致するお願いをつくる」が達成できるでしょう





「強いコトバ」をつくる技術


著者によると強いコトバをつくる方法は5つあるといいます。ここでいう「強いコトバ」というのは「心を動かアスエネルギーのあるコトバ」という意味です

  • サプライズ法

「~~!」「びっくり、~」「実は、~」「信じられない、~」をつけるだけ
例 そうだ、京都に行こう

  • ギャップ法

伝えたいコトバの正反対のワードを前半に持ってきて、前半と後半がつながるよう文字を埋める
例 これは私の勝利ではない、あなたの勝利だ(オバマ)

  • 赤裸々法

自分の体の反応をコトバにし、伝えたい言葉の前に入れる
例 朝、目覚めると泣いていた(世界の中心で愛を叫ぶ)

  • リピート法

伝えたい言葉を繰り返す
例 会いたくて会いたくて 震える

  • クライマックス法

クラマックスワードから始める。クライマックスワードとは、「ここだけの話ですが」「誰にも言わないでくださいね」「これだけは忘れないでください」など


これらをもとにすれば無限にコトバを作ることができる、と著者は断言します





伝え方が9割

伝え方が9割



「伝え方が9割」の感想

体系的でわかりやすい


本全体として図や箇条書きがちりばめられていて、読んでて疲れませんでした。スラスラ読めましたし、著者のノウハウがわかりやく体系的にまとめられていました。

流石、ビジネス書ランキング1位ですね

伝え方の技術のシンプルで意識すれば身に付きそうな気がします


実践しないと意味がない

どんなビジネス本や自己啓発本にも共通することですが、これは特に実践しないと読んだ意味がありません。だからぼくもこうして長めの時間をかけてこの記事を書いています。

僕も読んでくださっている方もおそらくコピーライターになるわけじゃないと思います。だからこそ、本に書いてあった「ノー」を「イエス」に変える技術を実践することに本を読んだ意義があるはずです。

人は一日に何回もお願いをしているはずです。学校や職場をとっても集団の中で生きる以上お願いの連続です。その一つ一つを意識することで何か変わっていくはずです

著者も最初は意識してコトバを作ることを推奨しています。簡単なように見えますが、実際に使うには練習が不可欠。練習の末に、技術が身につけば確実にスキルアップし、本を読んだ甲斐があったと言えるでしょう

それでは!

https://blog.hatena.ne.jp/feelsogood/feelsogood.hatenablog.com/subscribe/iframe"






まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割

伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

neber young beach「お別れの歌」MVの小松菜奈がかわいすぎてしんどい

かわいすぎてダメ。かわいすぎて何回でも見れます

つべこべ言わずまずは見て!!!!


never young beach - お別れの歌 (official video)

never young beachって?


2014年春に、安部勇磨(Vo,Gt)を中心に活動開始。暑さで伸びきったカセットテープから再生されたような奇特なインディ・サイケ・ポップ『HOUSE MUSICS』をダンボール仕様のジャケットで100枚限定で発売。2015年5月に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』をリリースしロングセラーとなり、2015年上半期の『CDショップ大賞』ノミネート作品に選ばれる。土着的な日本の歌のDNAを残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。

このバンドは「西海のぱっぴいえんど」と呼ばれています。

ネバヤンはレトロなサウンドとボーカルの低くも心地の良い声が魅力です。曲の雰囲気や歌詞も日常に寄り添い、なんでもない日々こそが特別で尊いのだと思わせてくれるバンドです



小松菜奈

小松菜奈さんについては「お別れの歌」のMVで初めて知りました。

小松 菜奈さんは1996年2月16日生まれで、肩書は日本の女優、ファッションモデルですね

若い女性を中心に人気を集める女優さんで、「漫画の世界から飛び出してきた美少女」と呼ばれるとこもあるそう。すらっとした綺麗なスタイルと綺麗な顔立ちから、特にファッション雑誌などで注目を浴びています。

2017年8月現在、Instagramで120万人ものフォロワーがいるほど

wiki情報によると

のMVにも出演しているそうです

MVの良さ

このpvは7:31ありますが、曲が始まるのは3:40からという挑戦的な内容です。しかも6:45に曲が終わります

最初は「お別れの歌」を聴くために動画にありついたので「なんだこれ、全然始まんねーじゃんか」と迷惑がっていました

僕は曲を聴いたあとにコメント欄を見ながらもう一度視聴するというのが習慣になっています。視聴者の曲の感想を見たくて下へ下へスクロールしました。

するとほとんどのコメントが女優さんの可愛さを褒め称えるもの。(もちろん曲のコメントもありました)

小松菜奈の彼女観が凄すぎてMV観ながら『俺、菜奈と別れたのか、、』という謎の錯覚を起こして号泣しとった、、、、

まさか俺が女の子と付き合えるとは思いませんでした
今まで7分間ありがとな

などなど意味不明なコメントで盛り上がっていました。おいおいお前ら曲聞けよ、なんて思いながらもそこまでいうならとpvをみてやりましたよ。

それからというものの小松菜奈さんにズッキュンです。

あんなに可愛いことがあって良いんでしょうか。顔のきれいさは当然です。注目して欲しいのは演技です

僕は最初、この人の仕草を演技とは思いませんでした。あまりに自然で打算を感じられない

この人に興味を持って舞台挨拶などを漁ったところ、控えめで大人しそうな印象を受けました。また、ドラマの告知動画では性格の悪い女性を演じており、多彩な表情をみせています

そこでようやく気づいたのです、pvが演技であったことに

正直残念でした。勝手に裏切られたかのような感覚を味わいました

しかし、それは同時に彼女の女優としてのスキルの高さを示していると思います

個人的ベストショット


[[


それでは!

なぜオードリー若林はルンバを手に入れても喜べなかったのか



オードリーのオールナイトニッポンのリスナー、リトルトゥースの僕にはオードリーにはまったキッカケが明確にあります。

それは2014年11月8日放送の中の若林さんのトークです


このトークを聞いて、完全に若林さんのとりこになりました。本で得た知識を巧みにトークに反映しているのが素晴らしかったし、本一冊読んだだけでそこまで日常を考察するかと驚きました。また、心理学の話から一転、相方の春日さんに話が飛んでオチに向かうという予想外の構成に魅了されました


youtubeに「オードリー仲良すぎ?若林『春日中毒』を告白」というタイトルで残っていますので是非聞いてほしいです

トーク切り抜きの音源です
オードリー仲良すぎ?若林「春日中毒」を告白 - YouTube

↓一部の書き起こし
オードリー若林、辛くても仕事を続けることができる理由「成功体験をもう一度経験したいという心理」 | 世界は数字で出... | 楽天Social News


今回は、その大好きなトークの中の「ハロゲンヒーターとルンバ」について考察します

トークの流れ

若林:脳の本ばっかり好きで読んでて。行き着いたんだけど、風呂なしで住んでた頃…まだテレビの仕事ないからお金ない。
だからバイト代を貯めて、寒いからハロゲンヒーターをリサイクルショップでなんとか買って、家に持ち帰ってハロゲンヒーターをつけたら、めっちゃ暖かくなったんですよ。

春日:うん。

若林:その時に、「よっしゃぁ!」って思ったんですよ。

春日:うん。

若林:ていうのと、今、正直、お金貰ってます(笑)その状況でルンバもあるんだったらハロゲンヒーターの方が嬉しかったのは、なんなんだろうなって、ずっと気になってたのよ。


物質的にも精神的にも貧しい下積みを経験した若林さん。そのころに買ったハロゲンヒーターと売れて買ったルンバではもたらしてくれた喜びが違って不思議に思ったそうです

その答えを求めて調べると、脳の本に行き着きついたそうな

若林:ルンバ、別にあったら良いんだけど、凄く。いろいろ調べてたら、脳の本に行き着いて。すぐ手に入ってもだめだし、脳の快楽物質、ドーパミンドーパミンとかβエンドルフィンとかあるんだけれど。
それが出るのって、すぐに手に入っても出ないし、全く手に入らなくてももちろん出ない。いい感じに負荷が掛かる、いい感じのクリアするのが難しいところでドンって出るんだって。


このことを証明する実験があります

若林:ネズミにAのボタンをずっと押してたら必ず餌が出る、でもBのボタンを押して出るときと出ないときがある、これを覚えさすの。覚えた段階でAの箱とBの箱、両方入ってる檻にネズミを入れてどっちもまったく出ない設定にするの。
Aはいっつも出てたやつを押したら、すぐやめるんだって「あ、出ねえ」って。でも、Bでたま出てたやつはずーっとB押すんだって。

これは「スキナー箱」と呼ばれる心理学では有名な実験です。

スキナー箱


ボタンを押せば必ずエサが出てくると学習したネズミは、エサが出なくなるとすぐにボタンを押さなくなります

何回かに1回エサが出てくると学習したネズミはエサが出なくなってもずっーとボタンを押し続けるそうです


ある行為によって100%報酬を得られる場合よりもたまにしか報酬を得られない場合のほうが行為への執着が強まるということになります

たまに成功するほうが、失敗しても負けても「次こそは!もしかしたら………」という気持ちになるわけです。過去の成功体験をもう一度再現しようと思うようになるのです。

人間でいうと、パチンコやゲームなどが当てはまるでしょう。


フェヒナーの法則


若林さんハロゲンヒーターとルンバの違いをスキナーの箱実験を用いて説明していましたが、別の心理の法則「フェヒナーの法則」で端的に説明することができます

フェヒナーの法則:感覚の量は刺激の量の対数に比例する

感覚の量と比例するのは刺激の量ではなく、「刺激の量の対数」というところが肝になります。



文字を見るととても難しいように感じますが、つまりは
「100gに10gを足した時に増えたと感じる量は、200gに20gを足した時に感じる量は等しい」ということです。

刺激が大きくなるにつれて鈍感になっていくのです

具体的に言うと、普通のラーメンにスパイスを入れるとすぐにわかるが蒙古タンメンにスパイス入れても気づかない、みたいなことです。



考察


さて、話を若林さんのハロゲンヒーターとルンバに戻します

若林:脳の本ばっかり好きで読んでて。行き着いたんだけど、風呂なしで住んでた頃…まだテレビの仕事ないからお金ない。
だからバイト代を貯めて、寒いからハロゲンヒーターをリサイクルショップでなんとか買って、家に持ち帰ってハロゲンヒーターをつけたら、めっちゃ暖かくなったんですよ 

ー-省略ーー

若林:ていうのと、今、正直、お金貰ってます(笑)その状況でルンバもあるんだったらハロゲンヒーターの方が嬉しかったのは、なんなんだろうなって、ずっと気になってたのよ


若林さんは貧しさの中に現れたハロゲンヒーターという豊かさは、まだ豊かという刺激に慣れておらず敏感に感じたということになります。


対して、ルンバを購入したのは売れてテレビ出演も安定し精神的にも物質的にも満ち満ちた生活を送っていた頃。もうその頃には豊かさという刺激に慣れて鈍感になっておりルンバが家に来ることくらい若林さんにとっては当たり前ことになっていた、ということがフェヒナーの定理を用いて言うことができます


言い換えれば、ルンバで大きな喜びを感じなかったことは厳しい世界の中で豊かさを勝ち取った印と言えるでしょう


それでは!



feelsogood.hatenablog.com

feelsogood.hatenablog.com

feelsogood.hatenablog.com